素朴な味わいで豊かな島の山海の幸に舌鼓を打つ。美しい自然が育んだ美味しい自信作を堪能して、心ゆくまでお楽しみください。

五島手延うどん

かつて遣唐使の寄港地として、外国貿易の中継地として栄えた五島には、様々な大陸文化がもたらされ、中国から伝わった麺文化が島独自に発展し、「五島うどん」となりました。

島の中で細々と手作業で作られていたことから、「幻のうどん」と言われ、「日本三大うどん」のひとつに数えられています。

島で採れた椿油を麺の表面に塗っており、喉越しもツルツルです。細麺でコシが強く、鍋で煮ても麺が伸びにくいため、島では「地獄炊き」という食べ方で親しまれています。茹でたてのうどんを鍋から直接「うどんすくい棒」ですくって、あご(飛)出汁で食べるシンプルな食べ方は、島の食卓の定番の味です。

かっとっぽ

食べものも美味しい新上五島町!今が旬で美味しいものといえば、海の幸です。

アラ(クエ)、ヒラス、ブリ、イカなどなど沢山ありますが、その中でも上五島の冬の珍味といえば「かっとっぽ」。(五島ではハコフグを「かっとっぽ」と呼びます)

ハコフグのおなかに、味噌や生姜・ネギなどを混ぜて作る“ねり味噌”を入れて焼くと、かっとっぽの味噌焼きの完成です。

昔は各家庭で作られていましたが、家庭で作るのが難しくなった今では、お宿や飲食店で食べることができます。かっとっぽの味噌焼きはお酒のお供にピッタリで、いつもよりお酒が進むこと間違いなしです。

かっとっぽ

食べものも美味しい新上五島町!今が旬で美味しいものといえば、海の幸です。

アラ(クエ)、ヒラス、ブリ、イカなどなど沢山ありますが、その中でも上五島の冬の珍味といえば「かっとっぽ」。(五島ではハコフグを「かっとっぽ」と呼びます)

ハコフグのおなかに、味噌や生姜・ネギなどを混ぜて作る“ねり味噌”を入れて焼くと、かっとっぽの味噌焼きの完成です。

昔は各家庭で作られていましたが、家庭で作るのが難しくなった今では、お宿や飲食店で食べることができます。かっとっぽの味噌焼きはお酒のお供にピッタリで、いつもよりお酒が進むこと間違いなしです。

五島牛

五島の恵み豊かな自然の中で育てられた黒毛和牛です。塩分が適度に含まれた牧草を食べ、のびのびと育つため、身はやわらかくて引きしまった質のよい肉です。

昔は捕鯨が盛んであった上五島地区。特に有川地区での歴史は古く、さまざまな鯨料理が食文化として受け継がれています。

昔は捕鯨が盛んであった上五島地区。特に有川地区での歴史は古く、さまざまな鯨料理が食文化として受け継がれています。